So-net無料ブログ作成
検索選択

VANGUARD VEO AM-264(前編) [カメラ機材]

ヴァンガードAM-264-1-01.jpg

VANGUARD VEO AM-264 が我が家に到着したのが、フットサル撮影の前日。「まあ、一脚の使い方なんて限られているし」と何の躊躇も無く、箱から取り出したままバックに入れて、翌日撮影に出かけました。会場に着いて、さっそく撮影準備ということで、一脚をEF70-200 F2.8 L IS Ⅱの三脚座に付けていると、ガリっとした嫌な感じが。慌てて外してみると、三脚座に傷が(涙)。よく見れば、一脚の取り付け部分に3つのビスのようなものがあって、その一つが飛び出ているために付いた傷でした。「一脚はこれしか持ってこなかったし、どうしよう」と思案の挙句、間に薄いタオルを挟んで、何とかその日の撮影を撮り終えたのでした。やはり、事前にちゃんとチェックしていなかった私のミスです。

ヴァンガードAM-264-1-03.jpg

さて家に帰ってから早速メールにて、ヴァンガードに事情の説明と、「これでは使えないだろう」と思い、交換を申し出ました。そして翌日、メールにて返事が返ってきました。

台座部のネジ(イモネジ)につきましては、雲台使用時に空転を防ぐものとして取り付けられており
説明書と同じ袋に同封されております六角レンチ(L字の金具)にて、一脚の下側から回して締める
ようになっております。
レンズ、およびカメラ本体を直接取り付ける場合は、通常ネジは取り外して頂くか、もしくはネジが
上部に出ないように調節していただくことになります。
他社様の一脚でも今回のような直接取り付けるタイプの場合は、使用時に調整をして頂かなければ
同じ状態となってしまいます。
その為、誠に申し訳ございませんが、お客様ご使用時の傷につきましては保証いたしかねますので、
ご了承下さい。

別に保証しろとは言ってませんが、この台座部分のネジは一脚の製作上のものではなく、雲台を取り付けるためのものなのですね。事前チェックの怠りに加えて、私の知識不足が原因なのですかね。なので、「当社は保証しません」ということなのですね。確認したら、箱の中に取扱説明書と共に小さな六角レンチが入ってまして、裏側から差し込んで回すと引っ込みました。なるほどね~、私のミスか~。

ヴァンガードAM-264-1-02.jpg

しかし、「他社様の一脚でも・・・」と言われると、その点はどうも納得できません。これまで私が使ってきた一脚は1本や2本ではありません。そのどれもが、今回のような取り付け部にビスは有りません。探せばそのような一脚も有るのでしょうが、「一脚では当たり前」的な書き方にはカチンと来てしまいました。それにですよ、3つのネジの内1つだけが飛び出ていたというのも何とも不親切で、それならば3つとも飛び出ているか、3つとも引っ込んでいるか、どちらかにして出荷して欲しいものです。
更に取説を端から端まで読んでみれば、上記のような説明はどこにも見当たりません。私が使用前チェックを怠った罪は認めますが、「ちょっと不親切なメーカーじゃないか」と思ってしまいました。そこで再度メールにて、「この製品の取説の、どこにそのようなことが書かれているですか?」と問い合わせたところ、翌日に以下のような返事が返ってきました。

この度はご不快の念をお掛けいたしまして、大変申し訳なく思います。
説明書につきまして改めて確認をさせていただきましたが、使用方法について大変わかりづらく、
説明が不十分でございました。
特にイモネジが最初から露出している機種に関しましては、ご使用の前の準備といたしまして、
最初に機材を傷付けないよう、イモネジを緩めてから取り付けを行っていただくという文面を記載
するよう、担当部署に至急通達いたしました。
弊社では今回の件につきまして真摯に受け止め、より良い製品提供をできるよう努めていきたいと
存じますので、何卒ご寛怒の程、お願い申し上げます。

「ご寛怒」と言われても、付いた傷は元には戻りません。あくまで私のミスとして納得するしかないですが、一気にこのヴァンガードという会社が嫌いになりました。製品自体は、見た目の手触りも高級感があり、悪い製品には見えないのですが、自社の雲台と組み合わせて使うことを前提にした一脚なんでしょうかね。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー