So-net無料ブログ作成

サッカーって [写真・撮影]

昨日、8月最後の日に、サッカー日本代表は2018年ワールドカップ出場を決めてくれました。見られていた方も多いことと思います。もちろん私も、素晴らしい試合に感動しました。そして安堵感と共に、「サッカーってやっぱり素晴らしい!」って再確認しました。頂を高くするには裾野が広くなければならない、と以前のブログで書いたことがありますが逆に、頂が高ければ裾野が広がる、とも言えます。日本がワールドカップに出続けてこそ、それを目指す子供達が増えていきます。そしてそれを後押しする保護者の方々も増え、その写真を撮ろうとする方々も増えると信じています。それら多くの方々に負けないよう、私自身も撮り続け、精進し続けなければ、と思いました。
これは余談ですが、昨日の試合で先制点を挙げた浅野拓磨選手は我が県出身。高校1年生の時から試合に出てましたから、もちろん私は撮っていました。けれど、なかなか撮るのが難しい選手でした。相性の問題かな、と思ったこともありましたが、今にして思えば、彼の非凡な才能が、私の当時の予想と腕を超えていた故だったのでは、と思えます。下の写真は、たぶん彼の高校最後の試合で撮ったものです(2012年12月9日撮影)。

サッカーって3.jpg

さて、8月が終わってしまいました。毎年8月と言えば、天皇杯の県代表を決める大会が有ったのですが、今年から日程変更で4月になったものですから、私のとってこの8月は、撮るべき大会や試合が無い一ヶ月でした。サッカーを撮り始めてまもなく丸15年になりますが、こんな夏は初めてです(もう愚息2人とも現役ではないですしね)。定かではありませんが、日本の酷暑を考えて、JFAが日中の試合や大会を控える旨の指示があったのでしょうか(ナイターはOKみたいですが)。そういえば我が愚息の母校も、この夏休みの通常練習は午前8時~10時になったそうですし、近所の中学校も、午後はグランドに誰も居ませんし。
しかしその分、これから先には重要な大会や試合が毎週のようにあります。一ヶ月もブランクがあると(これまでの経験から)試合勘が鈍っているに違いなく、少しでもそれを取り戻すために、先週末に再開された高校サッカーの県リーグ戦を撮りに行ってきました。

サッカーって1.jpg

いや~、やっぱり暑かったですね。しかも人工芝グランドでしたから、反射光やら反射熱で難しく、結果は散々でした。毎年夏の終わりには真っ黒に日焼けしているのが常な私ですが、今年はそれほどでもなく、今になってやっと赤黒い顔になってきました。
年々落ちる体力と集中力を感じつつ、それでもまだまだ撮り続けます。

サッカーって2.jpg

サッカーって4.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。