So-net無料ブログ作成
検索選択

全日本U-15フットサル大会 [写真・撮影]

今年初めですから、もう半年以上前の話で恐縮です。

U-15フットサル01.jpg

U-15の全日本フットサル大会を撮りに行くことになりました。場所は体育館、ピッチは約36m×18mですから、高感度に強い機種で明るいレンズが必要、ということで、私は1DX2+EF70-200mm F2.8 L IS Ⅱを選択しました。サンニッパも持って行こうかな、とも思ったのですが、試合中の移動は禁止されているし、サッカーよりも遥かに動きが早く(バスケットボールやハンドボールに近い)、しかも撮影者との距離2m~30mを頻繁に移動する選手を撮るのですから、単焦点では撮り難いだろう、との考えからです(以前この大会を撮った経験もありましたし)。

U-15フットサル03.jpg

U-15フットサル02.jpg

結論から言えば、1DX2でISO-6400まで上げて1/500~1/800ぐらいで、もちろん全てRAWで撮りましたが、以前撮った時の1D4に比べれば、高感度ノイズの点では恩恵を受けられました。ただやはり、フルサイズに200mmではちょっと足らないとも感じました。なので、途中から多少のノイズは許容して、7D2も併用してみましたが、この激しい動きには1DX2のAFとの違いは感じましたネ。

U-15フットサル05.jpg

U-15フットサル04.jpg

以前のブログでも、この大会を撮りに行ったことを書きましたが、中学生と言えども、全国大会のトップクラスともなれば、撮影者と選手との距離が近いので、選手の息づかいや汗が飛び散る様、表情なども間近に迫ってきますから、なかなかの迫力です。そして、試合時間は短いけれど、選手は常に全力で動き、しかも素早い。これはサッカーよりも手強い被写体だと感じました。それともう一つ。フットサルの場合は特に、選手と選手が絡むシーンが望まれるということ。顔や表情がキチンと写っていることがベストですが、多少下向いたり横向いていても、体の動きで動感や闘争心を感じられる画が望まれるようです。JFAのプロの方と一緒に撮ってましたが、その方々の写真と私の写真を見比べて、そう感じました。私はまだサッカーの撮り方でした。初めてこの大会を撮った2014年に、次回が有ればリベンジを誓ったのですが、今回は半歩前進したのみでした。

U-15フットサル06.jpg

さて、上記の機材で撮るにあたって、もちろん私は一脚を使うつもりでした。ただ、耐荷重の点で余裕が無いよりも有り過ぎる方が良いのは分かりますが、いつもサッカー撮影で使っている Manfrotto 681B ではちょっと大げさすぎるかな、と思ってしまいました。そこでEF70-200用に、もう少し軽快に使える一脚を物色してみたところ、VANGUARD VEO AM-264 という製品を見つけました。台湾製らしいのですが、たぶんメインで使う一脚にはならないだろうから、耐荷重6kg、カーボンではなくアルミ製で充分。手が出しやすい価格に加えて決め手になったのは、体育館内で使い易そうな、足先端の石突きゴム部分の形状。そして傾きに対応できること。体育館内の撮影なんて年に一回ぐらいのものですけど、年末年始の慌ただしさの中、自分へのお年玉代わりに通販で購入してしまいました。

U-15フットサル08.jpg

しかし・・・

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

壊れる前に [日々の徒然]

夏の話題をもう一つ。

壊れる前に.jpg

私の子供の頃、「朝晩の涼しい時に勉強しなさい」と言われていたのが昔話になるように、たぶんこの時期、皆さんのお宅でもエアコンがフル稼働しているのではないでしょうか。実は先日、私の両親の住む家(ウチからはすぐ近く)で、エアコンが壊れました。しかも寝室に付いていたエアコンです。「エアコン無くては寝られない」という両親に代わって、馴染みの店に申し出たのですが、「もう10年以上経っているエアコンでは、部品が無いので修理はできません。取り換えになります」と言われました。まあそうでしょうね。で、早急にやってほしいと頼み込んで、2、3日後には新品になったのですが、工事費込みのお値段は、なかなかのものでした。付け替え工事にも立ち会ったのですが、汗びっしょりになって丁寧に取り換えてくれた方を見ていると、この値段も仕方ないか、と思ってしまいました。
毎週末に新聞に折り込まれて来る電気店のチラシは、この時期は「エアコン大特価」の見出し文字が目立ちます。需要が多いのでしょうね。実は私の寝室のエアコンも2008年製ですから、もう9年経ってます。もしコレが壊れたら、私も同じ目に合います。で、こうしたチラシを見続けていると、春・秋のオフシーズンだと一割ほど安いようです。そこで、10年使ったら、暇な時期に取り換えようと画策しています。忙しい時に無理言って取り換えるなら、暇な時に「安くしてね」は言えるかな~、と思うからです。確かに、壊れてもいないのに破棄するのは「もったいない」話なのかもしれません。けれど壊れたら困る機器ほど、一番必要な時期に壊れるものです。なので我が家では、そんな機器は計画的にシーズンオフを利用して取り換えるように考えてます(計画通りにいかないこともありますが)。「もったいない」かもしれませんが、その方が安心だし効率的だ、と自分で納得させているせいなのですがネ。
先日書いたパソコンの3.5inch HDDもそうで、約5年または2万時間を目安に定期的に交換しています。お蔭でHDDがクラッシュするようなことは、PCとの付き合いが長いにも関わらず、未だ経験してません。尤も、壊れる時は1年未満でも壊れますから、単にラッキーなだけかもしれませんが。そういえば、今使っているPC、2013年秋に半自作で導入したものですから、もうすぐ丸4年です。仕事に、趣味に、と毎日使っているので、これも無くてはならぬ機器です。来年あたりから、次世代機を模索しようかな~

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏の風呂 [日々の徒然]

梅雨が明けても、カーッと照る日は少なくて、蒸し暑い日が続いている我が地方です。体感不快指数は、既に私のメーターを振り切ってます(笑)。

入浴.jpg

こんな時期にセコセコと屋外仕事をこなせば、汗びっしょりになるのは仕方ない。早く仕事を片付けて、「風呂に入りたい」「シャワーを浴びたい」「着替えたい」、そんな想いをぶら下げて毎日帰宅します。食事よりもまずは風呂。いや、湯船に浸かってのんびりと、というのは遠慮して、シャワーで十分。本当は、発汗作用で疲れが取れるのでしょうから、湯船に浸かった方が体には良いのかもしれませんが、とてもとてもそんな気にはなりません。爽快感の伴うボディソープで体中を泡だらけにしてサッと流せば、それだけで疲れが取れた気になる、何ともお得な性格ですから。
しかし、です。出た後にバスタオルで体を拭いている所、まあ脱衣所ですわね、ここが涼しくないと、一気に汗が噴き出てきます。これが我慢ならない! せっかく日中の汗を落としたばかりなのに、また汗をかく、これが絶対嫌い(キッパリ!)。だってこれじゃあ、風呂の後に低温サウナに入ったみたいで、まったく無駄ですよ。
で、部屋を冷やしておいて、準備できたらバスルームへ、出たら手早く拭って部屋へ、というのが、私の夏の入浴です。そしてそこで飲むのは、キンキンに冷えたビール、ではなく、やっぱりコーヒー牛乳でしょう(私は酒を飲みませんからネ)。ちなみに、冬よりも夏の方がコーヒー消費量が多いのが、我が家です。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6TB [パソコン]

私がデスクトップパソコンを使っていることは、以前のブログでも書きましたし、現在もそうです。その理由の一つに、ハードディスク(HDD)の増設のしやすさがあります。デジタル一眼レフカメラは、最近でこそ高画素化の流れは緩やかになってきましたが、ほとんどをRAWで撮っている私としては、その保存先にはHDDを使っています。初期の頃は一時DVD-Rを使っていたこともありましたが、増え続ける画像データ(RAW)には足りず、現状で最も適しているのがHDDであるとの認識が未だ変わらないからです。そのHDDも年々大容量化してきましたが、ここ3~4年は最も扱いやすく、コストパフォーマンスの良い3TBを使い続けて(買い足し続けて)います。ただHDDは回転部品。永久に使い続けられるものでもなく、定期的なバックアップや移し替えは必須です。そこで私は、HDDの二重保存をしているのですが、今回、6TBのHDDを購入しました。

6TB-HDD-1.jpg

なぜ6TBかといえば、3TBの2個分が欲しかった為です。デスクトップPCといえど、3.5inchHDDの増設ベイは限られてまして、もうそろそろ一杯になりつつありました。そこでバックアップ用に、1ベイで2個分の3TB HDDをバックアップ用に保存できる6TBに手を出した(ギガバイト当たりの単価は高くなってしまいますが)、という訳です。日立・Seagate・Western Digital・東芝、と使ってきて、久しぶりのSeagate製です。シーゲイトのHDDは、昨年シリーズが大幅に変わり(中身は殆ど変っていない、との説がありますが)、「BARRACUDA」「IRONWOLF」「SKYHAWK」の3シリーズになりました。今回私が手に入れたのは、NAS向けといわれる、IRONWOLF 6TB HDD です。購入は通販で、22800円。
手元に来たコレを、早速パソコンのSATAポートにセット、難なく認識、初期化です。さすがに6TBもあると初期化に時間がかかるだろう、と思い、これは寝ている間に行いましたが、朝目覚めてもまだ終わっていない。結局9時間以上かかりました。その後、いつものソフトで計測してみた結果は以下のようになりました。

6TB-HDD-2.jpg

上は初期化しただけの空の状態。半分ほど(といっても2.6TB程)データを入れてみて計測したのが下です。

6TB-HDD-3.jpg

何台ものHDDを使ってきましたが、初めての200MB超えです。さすが7200rpmで、速さのSeagate製です。中のプラッター枚数が何枚なのか、調べても分かりませんでしたが、3.5inch HDDも少しずつ進化しているのでしょうかネ。他のHDDに比べれば、音は普通(東芝製は若干ウルサイ)ですが、フル稼働させ続けると温度はちょっと高めかな~。私の使っているPCケースは、12cmファンを4個付けて、1つはHDDベイに直接風を当てているので大丈夫だと思うのですが、まあ信頼性は使い続けて見ないと分からないですね。何かあれば、またここで報告させていただきます。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー